妄想などが続いていると生活が困難になってくる

病院に通う前に

目元に触れる人

目がおかしくなっている場合の解決方法

うつ病は、精神的な病気ですが、単に気分が落ち込むだけの人がいる一方で症状が表面に出る人もいます。例えば、うつ病目がおかしい場合がこれに該当するでしょう。うつ病目がおかしい状態とは、ものがはっきりと見えなかったり二重に見えたりする状態です。また、非常に目が疲れるため、本を読んだり書類などに目を通すことも大変になります。人によって症状は異なるものの、正常な状態に比べると負担が大きくなり生活するのも困難になる恐れがあるでしょう。少なくとも、生活が困難になる前に病院に行き正常な状態に戻しておくことが必要になります。病院といっても、眼科に行きたい人もいるかもしれませんが、根本的に解決をするためには精神科や心療内科に行くことが必要です。どちらかといえば、心療内科に行った方がうつ病の診断をしてくれるため、様々な面で強い味方になるでしょう。単なる目の治療と異なり、精神面を治すためには早くても半年ぐらいは時間がかかると考えてよいでしょう。ただ、状態が悪いと1年以上かかることも考えられます。カウンセリングを中心に行いますが、薬で精神をつけることにより、目の状態が良くなることもあるでしょう。カウンセリングを行う場合には、じっくりと構えて自分自身の本当の気持ちを理解することが重要になります。

うつ病目がおかしい場合には、軽度ならばよいですが重要になってしまうと会社に行くことができないことも考えられます。もし、会社員がうつ病目がおかしい状態だと判断された場合には、傷病手当金や障害年金をもらうことが可能です。傷病手当金に関しては、期間限定になるため、その点をよく理解して申請をするようにしましょう。傷病手当金のもらえる期間は、まず申請を行い審査に通った場合よく月かさらにその1カ月あとぐらいに振り込みなされます。そこから1年半ほどの期間しかもらうことができません。つまり、少なくともその間に病気をなおさなければならないことを意味しています。条件としては、厚生年金に加入していることと会社の休みを別にして三日間連続かそれ以上に仕事を休んでいる場合です。これに対して、障害年金の場合には審査基準は非常に厳しいものの、少なくとも一度審査に通れば1年間はもうお金をもらい続けることが可能になります。よく、会社員の場合は会社に1日だけでもいけるとすれば障害年金をもらうことができないと述べる人もいます。ですが実際には、たまに会社に行くことができる状態でも障害年金をもらうことは可能になるでしょう。いずれにしても、診断書の内容が大事になってくるところです。